Yahooの変遷とSEO対策



+  激安のSEO対策の恐怖

+  激安のSEO対策失敗!

+  どーすりゃええのぉ〜SEO

+  Yahooに効く?ホームページ

+  YahooのSEO対策を考察して参りましょう

+  ページランクのおかしさ…




+  




YahooへのSEO対策は難易度が高い?

「Yahoo!好きですかぁー!」(猪木風)
わたしは8割くらいYahooの検索エンジンね。
その他にくらべ、まともな検索結果が多い!?
Yahooの検索エンジンの変遷
SEO対策が全開のホームページばっかり出てくる検索エンジンはウンザリ〜
「おまえはどうだ?」って
それはやりますが、中身を伴って…(プッ

Yahoo!の変遷にも問題はたっぷりありますが、グーグルとかより良い。 あちらは、日本人(語)が理解できてない。。
所詮、大味なアメリカンな検索エンジン。
ただ、インデックスの速さはYahoo!よりすばらしいけどね。

YahooへのSEO対策としてはですよ、グーグルとの違いを考えていくとわかりやすいかも。
例えばデフォルトで出来ているブログ。
これの評価下げもYahooのSEO対策が先駆してます。
更新をよくしてるか?というとこで、中身が薄くても更新をバンバン出来るんが圧倒的に有利。
Yahooの検索エンジンの上位がブログばっかりになっちゃいますよ!

※これ予想はずれましてブログがまだまだ有利のよう…Yahooの検索エンジンはなにやってるんじゃーー

さて、評価の内容について核心に入りまするが、Yahooの検索エンジンとグーグルの大きな違いは「バックリンクのみのSEO対策」が通用するかしないか。
ご存知かもしれませんが、YahooへのSEOではこれは弱めという情報がありますので紹介します。


もちろん、検索エンジンの上位になるための最大級のSEO対策で難易度が高いのは間違いない。
でも、グーグルにくらべればこのへんの評価ばかりに重きを置いてない。

となると、「キーワード出現頻度」とか「バックリンク先の重要度と関連性」
このへんが臭う。。
実際、バックリンクが超少ない(10個くらいとか)なのにYahooの検索エンジンの上のほうにいるホームページがございますよね。
調べてみると、やはり上記のSEO対策が効いてる感じが…

「ほどよいバックリンク先との関連性」
これは重要度Aですが、グーグルの場合ページランクのおかしさ?があるので、評価がわかりやすい。
「重要なホームページから大切(発リンク数が少なめ)に紹介されてるページは重要だ!」
というのは、検索エンジンでの順位が高いものや、ページランク高。
Yahoo!も同じようなアルゴリズムでしょうが、ホームページ同士の関連性を強めに見ているのではないかと考えてます。

その関連性なんですが、相当濃くて良いようですよ。
内容があまりにも同じでソックリじゃースパムですし心配しちゃうとこですが、お互いのホームページが「キーワード出現頻度」的にまともなら、だいじょぶそう。
このへん「キーワード出現頻度」などは、SEO対策の中で難易度が高いのにあまり大切に扱われてませんが、素人ホームページほど、ここがカギ。

キーワード出現率だけではありませんが、それらが出来ているホームページ同士のほどよいバックリンクこそが、強くて評価の内容についても濃い味だ。
Yahooの変遷とSEO対策はしっかりとした確認が必要です。(難易度が高いのです。)

2007年版SEO対策の実力派たち?

サイト・メニューを見ても、これらは情報発信を自ら自分へやってるようなもの。
テーマがあまり濃すぎても仰々しいけどね。


(c)  激安のSEO対策の恐怖(ホームページ)